飲料水 サーバー

安全面での選び方

安全面を考えた上でのウォーターサーバーを選ぶポイントを見ていきましょう。
1つ目は何よりも「衛生的であること」です。
一般的な水道水には殺菌力がありますが、ウォーターサーバーに入れるようなミネラルウォーターには殺菌力がありません。
考え方によってはウォーターサーバーのタンク内には殺菌力のない水や異物などが混入して若干汚染された水が入っているということになります。
ウォーターサーバーのボトルの中は細菌が繁殖するのに最適な環境となっているのです。
そのため食品衛生法により飲料水としてきちんと適合しているか検査されています。
飲料水の試験にきちんと合格したものであるかどうか、きちんとメーカーに確認しておきましょう。
中には無認可の水を提供している会社もあります。
ウォーターサーバーには定期的なメンテナンスが必要です。
個人で行うことは不可能です。
またメンテナンスが不要なウォーターサーバーなどないことをきちんと覚えておいてください。

2つ目はウォーターサーバーを使うにあたり「安全対策がきちんとされているかどうか」です。
ウォーターサーバーを使って人為的に害がないことが一番大切です。
水が入っている容器については十分に注意が必要です。
口に入る水が直接触れる容器には、衛生面を重視して少しでも人体に影響があるか心配だと思う成分を使っている容器の使用は避けたほうがいいです。
またウォーターサーバーは電気機器なので、事故や火災などの心配があります。
国が安全を認めた「PSEマーク」がついたウォーターサーバーを選ぶようにしましょう。
マークがついていないものもたくさん出回っているので注意しましょう。
ウォーターサーバーは本体の上に水がたくさん入ったタンクを載せるので上部が重たくて不安定な状態です。
地震などが起きて突然の揺れの際に、サーバーが倒れて水がこぼれて電気がショートして火災になる危険性も十分にあります。
設置方法についても十分に検討して安全対策を行いましょう。

安全面での選び方関連エントリー

ウォーターサーバーを選ぶポイント
飲料水のレンタルサーバー、ウォーターサーバーは、設置型なのでペットボトルのゴミなど発生せず、浄水器よりも安全で衛生的です。
安全面での選び方
飲料水のレンタルサーバー、ウォーターサーバーは、設置型なのでペットボトルのゴミなど発生せず、浄水器よりも安全で衛生的です。
安全面での選び方2
飲料水のレンタルサーバー、ウォーターサーバーは、設置型なのでペットボトルのゴミなど発生せず、浄水器よりも安全で衛生的です。
利便性
飲料水のレンタルサーバー、ウォーターサーバーは、設置型なのでペットボトルのゴミなど発生せず、浄水器よりも安全で衛生的です。

富士龍泉水 | ワンウェイウォーター | 健康.com