飲料水 サーバー

安全面での選び方2

安全なウォーターサーバー選びの次のポイントは、水の種類です。
現在ウォーターサーバー用で売られている飲料水には大きく分けて2つあります。
「天然水」と「RO水」です。
「天然水」とはその名の通り天然の水、自然の恵みによってもたらされた水です。
天然水には人為的には作ることができないミネラル分が豊富に含まれています。
人間はこの天然水の恩恵をたくさん受けてきました。
天然水で育ってきた私たちの体に合うのは当然、おいしいのも当然です。
大事なことは体にいいミネラル分がたくさん含まれている天然水を選ぶことです。

「RO水」とはミネラルウォーターのことだと思っている人も多いと思いますが違います。
ウォーターサーバーで使われている「RO水」はほとんどが水道水なのです。
水道水から水に本来含まれていたミネラル分を除去して限りなく純粋に近くしたもの、これに人為的にミネラル分を加えたものです。
食品衛生法という法律で飲料水の水質基準が定められています。
ウォーターサーバーを利用する際は、この基準に合格した表示があるかどうかをチェックすることが大切です。

ウォーターサーバーを選ぶ際は「環境面」についても配慮が必要です。
私たちにできること、ごみを減らすこと。
スーパーなどでペットボトルを購入してくるとダンボールに入っています。
ダンボールは森林を伐採して作られたものです。
これを辞めるだけでもかなりの環境保全となります。
また電気の消費量についてもウォーターサーバーでは電気ポットなどに比べて低消費なので地球にやさしい商品となっています。
ただし消費量は会社の商品によって違うので確認してみましょう。
環境面にも配慮して作られているかどうかも選ぶ際のポイントと言えるでしょう。

安全面での選び方2関連エントリー

ウォーターサーバーを選ぶポイント
飲料水のレンタルサーバー、ウォーターサーバーは、設置型なのでペットボトルのゴミなど発生せず、浄水器よりも安全で衛生的です。
安全面での選び方
飲料水のレンタルサーバー、ウォーターサーバーは、設置型なのでペットボトルのゴミなど発生せず、浄水器よりも安全で衛生的です。
安全面での選び方2
飲料水のレンタルサーバー、ウォーターサーバーは、設置型なのでペットボトルのゴミなど発生せず、浄水器よりも安全で衛生的です。
利便性
飲料水のレンタルサーバー、ウォーターサーバーは、設置型なのでペットボトルのゴミなど発生せず、浄水器よりも安全で衛生的です。

富士龍泉水 | ワンウェイウォーター | 健康.com